佐藤竹善 Presents Cross your fingers 21(大阪・オリックス劇場 2019.5.4)

「佐藤竹善 Presents Cross your fingers 21」
日時:2019年5月4日(土・祝) 開場17:00 開演17:35 終演20:55
会場:大阪・オリックス劇場
出演:佐藤竹善、塩谷哲、大儀見元、清塚信也、Sinon、馬場俊英、半崎美子、藤井フミヤ、南里沙(クロマチックハーモニカ)、K(サプライズゲスト)
料金:前売¥7,020 当日¥7,560(全席指定・税込) ※6歳以上有料/未就学児童入場不可
※今回で21回目です
お塩ひかえめ先行予約 2018/12/21~27
※一般発売:2019年2月23日(土)am10:00~

演奏曲

01.Pick Up The Pieces (Average White Band) / 佐藤竹善(vo)、塩谷哲(pf,cho)
02.Love of My Life (Queen) / 佐藤竹善(vo)、塩谷哲(pf)
03.Yesterday Once More (The Carpenters) / Sinon(vo)、塩谷哲(pf,cho)
04.mystery (Sinon) / Sinon(vo)、佐藤竹善(vo)、塩谷哲(pf)、大儀見元(per)
05.白い色は恋人の色 (Betsy & Chris) / Sinon(vo)、半崎美子(vo)、清塚信也(pf)、大儀見元(per)
06.サクラ~卒業できなかった君へ~ (半崎美子) / 半崎美子(vo)、清塚信也(pf)、大儀見元(per)
07.母へ (半崎美子) / 半崎美子(vo,pf)
08.稲穂 (半崎美子) / 半崎美子(vo)、佐藤竹善(vo)、南里沙(hca)、清塚信也(pf)、大儀見元(per)
09.つばめ (南里沙) / 南里沙(hca)、清塚信也(pf)
10.残像 (K) / K(vo,pf)
11.ボーイズ・オン・ザ・ラン (馬場俊英) / 馬場俊英(vo,gt)、塩谷哲(pf,cho)、大儀見元(per)
12.ロードショーのあのメロディ (馬場俊英) / 馬場俊英(vo,gt)
13.スーパーオーディナリー (馬場俊英) / 馬場俊英(vo)、佐藤竹善(vo)、塩谷哲(pf)、大儀見元(per)
14.さよならシティライツ (馬場俊英) / 馬場俊英(vo)、佐藤竹善(vo)、南里沙(hca)、塩谷哲(pf)、大儀見元(per)
15.春よ、来い (松任谷由実) ~ Summer (久石譲) ~ 枯葉 (Joseph Kosma) ~ Merry Christmas Mr. Lawrence (坂本龍一) / 清塚信也(pf)
16.The Sweetheart Tree (Henry Mancini) / 佐藤竹善(vo)、清塚信也(pf)
17.Danny Boy (アイルランド民謡) / 清塚信也(pf)、塩谷哲(pf)
18.Another Orion (藤井フミヤ) / 藤井フミヤ(vo)、塩谷哲(pf)
19.TRUE LOVE (藤井フミヤ) / 藤井フミヤ(vo,gt)、塩谷哲(pf)、大儀見元(per)
20.白い雲のように (藤井尚之) / 藤井フミヤ(vo,gt)、佐藤竹善、塩谷哲(pf)、大儀見元(per)
21.Zanzibar (Billy Joel) / 佐藤竹善(vo,scat)、塩谷哲(pf)、大儀見元(per)
(一節だけ)みずぎわの彩り (塩谷哲) / 塩谷哲(pf)
22.You Raise Me Up (Secret Garden) / 佐藤竹善(vo)、塩谷哲(pf)

Enc.
23.星の夜 (塩谷哲) / 全員

※コーラス(cho)については抜けがあるかもしれません

Saltさんは23曲中14曲に参加しました。
そのうちコーラスは3曲。「星の夜」の最後の一節も歌ったので4曲です。
歌う比率が増えてきたような。これもコレナンデ商会の影響?

やはりSaltさんと(大儀見)元さんが揃うと、もう4曲目からグルーヴ感満載です。
「来た甲斐あった!」と思いました。

真骨頂は21曲目「Zanzibar」。
シンプルなリフの繰り返しから徐々にパーカッションと共に盛り上がって爆発する、一旦静まって再びリフから~~~
この展開が好きなのです、私。

清塚さんとの「Danny Boy」のデュオは、向かい合った2台のピアノで清塚さん→Saltさんの順に原曲に忠実に弾くところから始まり。
忠実にといっても、2人の音色はやっぱり異なり、Saltさんの優しい音やフレーズに清塚さんが「イエーイ!」と親指を立てる場面も。

2人とも徐々に崩れだし、ジャジーな雰囲気が漂い出し、テンポも早くなり、清塚さんがSaltさんのピアノの低音部に移動してきてしばらく連弾。
そしてSaltさんが向かいのピアノに移ってハードになっていき、ジャーンと終わるという流れでした。
貴重な共演を見ました。

なお、「8月後半にあるSING LIKE TALKINGのコンサートにSaltは参加しない。AGA-SHIO(上妻宏光さんとのユニット)でカナダ公演するから」と、竹善さんから発表がありました。

Menu

HOME

 TOP