「塩谷哲トリオ ライブ 2014」Flying Shoes

「塩谷哲トリオ ライブ 2014」のセットリストはこちら

【Flying Shoes】(「トリオっ!」)

トリオの1枚目のアルバムに収録されている、トリオの代表曲と言っていいだろう。楽しく弾む曲で、私は聴くたびにトリオ結成時の嬉しさと喜びが蘇るのだが、今回のライブの流れからすると取り上げられないかな、と思っていた。趣の違った「Flying Shoes」を見せてくれた。

スポンサーリンク

ピアノがゆるーい感じで入る。今までになかったぞ、こんなの。名古屋では長い間自由に遊んでいた。イントロでは装飾音が踊っている。

メロディーも抑え気味で力が抜けている。どこかボサノバタッチにも聞こえる。大人の香りがする演奏は、今の3人の気分をそのまま表しているのだろうな。

サビのホップ・ステップ・ジャンプ~と跳ねるところは、軽くてホントに飛んで行ってしまいそう。

そして私の好きな短いブリッジのところ。階段のように上るときもあり、やっぱり軽いときもあり、高音が響くときもあり。いつも楽しくてしょうがない。

続くピアノのCメロの展開も軽めに進行。だが、ときどきしっかり跳ねている。きてるきてる。軽いまま終われる人たちではない。熱いものが顔を出し始め、音の切れ目がなくなっていく。

一旦クールダウンしてベースへ。メロディアスに歌っている。いろいろな引き出しからフレーズが出てきて、ソルトさんも山木さんもそれに反応。客席と一緒に2人も楽しんでいる。十分に応える陽介さん。

アイコンタクトしてピアノがサビに移る。ホップ・ステップ・ジャンプ~。エンディングへ向けて、大空をはばたいている。もう一度サビ。一層高い大空へ。

長めに繋いで(ここも好き)、再度大空へ。とても心地よい。ベースが響いてドラムにもハッとなる、トリオならではの盛り上がり。

ついに最後のフレーズ。装飾音が顔を出す。ドラムも攻めてくる。最終の音がキマって、かっこよくエンド。

東京の最終セットでは、この曲が大好きだと言うTOKUさんが飛び入り参加した。フリューゲルホーンでメロディーをソロで吹いたり、ピアノとかけ合いをしたり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Menu

HOME

 TOP