Cross your fingers 14(グランキューブ大阪 メインホール)

「Cross your fingers 14」
日時:2010年5月4日(火・祝)18:37~21:55
会場:グランキューブ大阪 メインホール
出演:佐藤竹善(vo,g)、塩谷哲(pf)、鈴木雅之(vo)、藤井尚之(sax)、さかいゆう(pf,vo)、茉奈佳奈(vo)、植村花菜(vo,g)、松本圭司(org,pf)、坂井秀彰(ラムジー)(perc)

演奏曲目(間違いがあるかもしれません)

曲名 オリジナル・作曲者 歌手・演奏者
01 佐藤竹善、塩谷哲、坂井秀彰
02 ココロ スタート SALT & SUGAR 佐藤竹善、塩谷哲、坂井秀彰
03 いのちの歌 茉奈佳奈 茉奈佳奈、塩谷哲
04 Mother 茉奈佳奈 茉奈佳奈、塩谷哲、坂井秀彰
05 未来へ キロロ 茉奈佳奈、佐藤竹善、塩谷哲、坂井秀彰
06 慈愛 塩谷哲 塩谷哲
07 ウシミツビト さかいゆう さかいゆう
08 train さかいゆう さかいゆう、松本圭司、坂井秀彰
09 蒼氓 山下達郎 さかいゆう、佐藤竹善
10 Stand By Me Ben E.King 藤井尚之、佐藤竹善、塩谷哲、
松本圭司、坂井秀彰
11 Loco-motion Carole King 藤井尚之、佐藤竹善、塩谷哲、
松本圭司、坂井秀彰
12 N. 藤井尚之 藤井尚之、松本圭司、坂井秀彰
13 Tequila Chuck Rio 藤井尚之、松本圭司、坂井秀彰、
(途中から)塩谷哲
14 トイレの神様 植村花菜 植村花菜、塩谷哲
15 ランナウェイ シャネルズ 鈴木雅之、松本圭司、坂井秀彰
16 ガラス越しに消えた夏 鈴木雅之、大沢誉志幸 鈴木雅之、松本圭司、坂井秀彰
17 Tシャツに口紅 ラッツ&スター、大瀧詠一 鈴木雅之、松本圭司、坂井秀彰
18 キミの街にゆくよ 鈴木雅之、佐藤竹善 鈴木雅之、佐藤竹善、塩谷哲、
松本圭司、坂井秀彰
19 Pipes of Peace Paul McCartney 佐藤竹善、塩谷哲、松本圭司、坂井秀彰
20 メロディー 河口恭吾、玉置浩二 佐藤竹善、塩谷哲、松本圭司、坂井秀彰
21 WALK OF LIFE 鈴木雅之、佐藤竹善 佐藤竹善、塩谷哲
(アンコール)
22 あの素晴らしい愛を
もう一度
加藤和彦 佐藤竹善、塩谷哲
2010年5月4日の「Cross your fingers 14」のチケット

私の席からはよく見えなかったのですが、ソルトさんは茶髪にしてパーマに失敗したそうです(笑)
しょっちゅう髪を切らなくてもいいようにパーマにしようとして・・・。

今年のcyfも豪華なメンバーでした。
鈴木雅之さんは即座にその世界を作り上げ、藤井尚之さん、さかいゆうさんも然り。

尚之さんはステージでテキーラを飲みながら「Tequila」を演奏。
途中からソルトさんが招き入れられステップを踏みながら登場し、圭司さんと激しい連弾。左右も頻繁に入れ替わりながら。
盛り上がりました。

茉奈佳奈ちゃんは何を聞かれても二人同時に答えるので客席からは笑い。
MCも初々しくて、というか劇中のセリフのようでした。
竹善さんはNHKのトーク番組だと言ってました。

ソルトさんのソロ、今回は「慈愛」でした。
密かにトリオツアーでの新曲「Delicious Breeze」を期待していたのですが、やっぱりあの曲はソロでは無理か・・・。

ソロコンサートでの「慈愛」ともトリオでの「慈愛」とも全然違ってました!
強い音でドラマチックなイントロで始まり、メロディはトリオのときよりもジャジー度が増し、サビも「崩れて」いました。
スタッカート的なところがあったり、展開のところで弾き込んだり、この「慈愛」という曲はいろんな顔を持つなあと思いました。
いや、ソルトさんの自由度が増したというべきか。

ブレスがあって最後のメロディはやさしい音で盛り上がります。
スローにスローになって静かにエンディング。
少し間があってから拍手が起きました。

ですがやっぱり私はソロコンサートでの「慈愛」がいちばん好きだなあ。
美しい曲ゆえに私の中では「大事にしたい」というこだわりみたいなものがあります。

そして「トイレの神様」はちょっと反則です!(笑)
私は何度聴いても泣くのです!この曲は。
cyfの会場で、ソルトさんのピアノで聴くことになろうとは!
なんとか嗚咽することだけは抑えなければ・・・。

植村花菜さんの弾き語りでずっと曲は進み、「少し大人になった私は~」のところからピアノが入ります。YouTubeはこちら
でも少しだけ。
歌詞をどっぷり聴いてしまうとヤバイので、ピアノはいつ来るかいつ来るかに集中していたゆえにわかったのかも。
その後の間奏でもピアノは控え目に。

「~病室を出された」の後はピアノがメロディに戻って間奏。
今度はしっかりと、でもやさしい音

そこから先のことは、覚えてません。メモも途切れてるし。
嗚咽はこらえましたよ(笑)

アンコールの「あの素晴らしい愛をもう一度」ではソルトさんはピアノよりコーラスで活躍していました。

今年のcyfも無事終了。
次は年末の「Saltish Night」です。

Menu

HOME

 TOP