塩谷哲トリオ ブルーノートツアー 2007(名古屋ブルーノート)

塩谷哲トリオ BLUENOTE TOUR 2007 in 名古屋 に行ってきた。

大阪から日が空いたこともあり、名古屋は1日だけでもあり、どんな様子かなと思ったが、1stから全開!3人も客席に乗せられていた。

セットリストは1st、2ndとも大阪と同じ。

まず感じたのは、名古屋は音がよかった。
ピアノが違うせいか、会場が細長いせいか、音響のせいかはわからないけど。
それと、ライティングが暗め。
初っぱなの「Beat-n-Feat」では陽介さんの手元がピアノの蓋の陰に隠れて全く見えなくて「いいの?」と思ったが、もちろん曲によってはステージ全体が明るくなったりベースにスポットが当たったりで、それは演出だったのだが。
大人のステージ、という演出。

3人の各パートがちょっとずつ長くなってきたような気がする。
「Beat-n-Feat」のピアノ、「In A Driving Rain」の展開前のドラム、「Eartheory」のベース、・・・
粘っこいというか、グルーブしてるというか。
「In A Driving Rain」のベースソロはもう超絶!で、あれで観客に火が点いたと思う。

SALTもよく跳ねていた(笑)。ピチピチ。
足もバタバタ、椅子も傾くし。
「Eartheory」でも細かく刻んだ音や強い連打が多かったと思う。

聴けば聴くほど「Eartheory」の世界に魅せられている。
あの独特な難しいリフと激しいメロディ。
一緒に見たピアノに超詳しい熱烈ファン(笑)に確認したところ、やっぱり難しい曲らしい。
あのリフを指折り数えて拍子を数えたりしないで弾けるなんて!
それプラス、右手1本であのメロディを創り出せるなんて!

1stでこの曲が終わった後のMCでSALTも
「何がどうなってるんだかわからない曲でした」
と言っていた。(笑)

それと、陽介さんのソロのときに山木さんが決まってニコニコしていること発見!
すごく楽しそう。
「だってすごいんだもん」とサイン会のとき山木さん。
SALTもMCで「あのベースは何ですか!ベースってあんなに手が行ったり来たり動くんですか!」と。
それを受けて山木さん「初めて見たよ」
陽介さん「毎日見てるじゃん!(笑)」

もう1つ特筆すべきこと。
2ndのアンコール「So Danco Samba」で原曲っぽくボサノバで弾き始めたSALT。
山木さんが「やったな!」という顔で笑っている。
ドラムもベースもSALTを見ながらついていく。
このバージョンで終わるのか・・・と思いきや、一通りメロディが終わったらCDバージョンで!
その切り替えのタイミングは見逃してしまったのだが、息が合ってないとできない芸当だった。

SALTにサイン会で確認すると、リハーサルでやってたのを急にステージでやってしまったとのこと。やっぱり!
これからどんどん遊びの幅が広がるんだろうな。

名古屋ではスペシャルカクテル「Eartheory」が登場。
メニューにもなく、当日作ってもらったそうだ。
アースなので土のイメージで、と頼んだら「そんなのできません」と断られたそう。
グリーンバナナリキュールで鮮やかな緑色。混ぜると底から色が徐々に変わってくる。
甘かった。何杯でもいけそう。(笑)
SALTも飲みながら演奏。

こうして名古屋最終日(SALT曰く)も終了。

Menu

HOME

 TOP